TOP > 

中国人が一番好きな「日本映画」

千と千尋の神隠しはどの国の人が見てもいい作品なのでしょうね。
宮崎駿監督の作品、大人から子供まで楽しめますからね。

となりのトトロは都市伝説まで出てますからね

以下、(中国人が一番好きな「日本映画」宮崎作品が複数ランクイン(サーチナ) より引用)

中国人が一番好きな「日本映画」宮崎作品が複数ランクイン(サーチナ)

 文化大革命後の中国で初めて日本映画が上映された年は1978年。タイトルは、『君よ、憤怒の河を渉れ』だったという。この映画は中国全土に大ブームを起こし、当時都市部にいた中国人のほとんどがこの映画を鑑賞したといわれている。『初恋のきた道』『HERO』などで知られる中国人映画監督・張芸謀(チャン・イーモウ)は、この時の影響で主演の高倉健の大ファンになったという。

 それから31年後。現在の中国ではどんな日本映画が人気が高いのか、中国の主要三都市(北京・上海・広州)でアンケート調査を行ってみた。

 その結果、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』が各都市でダントツの支持率を獲得。次いで『Love Letter』『いま、会いにゆきます』と続いた。実はこの3作品、順位が前回アンケート時とまったく同じであり、中国で息の長い人気を保っていることがわかる。特に多数のタイトルがランクインしている宮崎作品に関しては、日本映画の代名詞的存在となっているといっても過言ではない。

引用はここまでです。

千と千尋の神隠し DVD●ジブリグッズプレゼント●

千と千尋の神隠し DVD●ジブリグッズプレゼント●

■ジャンル 国内盤邦画2-DVD/アニメ ■発売日 2002/07/19 ■商品情報●原作・脚本・監督:宮崎駿 ●音楽:久石譲 ●制作:スタジオ・ジブリ ●ストーリー:『トンネルの向こうは、不思議の町でした。』 ありえない場所があった。ありえないことが起こった。10歳の少女千尋の迷い込んだのは人間が入ってはいけない世界。驚きと不思議の町で千尋が知るのは大きな無力感と・・・小さな希望。 『働かせてくださいっ。』 眠っていた千尋の”生きる力”がしだいに呼び覚まされてゆく。 ●特典映像 絵コンテ/劇場予告編/「猫の恩返し」作品紹介 ■商品仕様 2枚組ピクチャーディスク仕様 本編約124分/片面・2層・・・ザ・ショックプライスの商品はコチラ

¥3880

関連エントリー

お勧め情報

今日の売れ筋商品

SEOタグ

  • seo